X-StakePool

Cardano ADA Staking Service - カルダノ ステーキングプール

カルダノステークプールの一般的な考え方(記事翻訳)

By
約4分

ついにa0パラメーターが機能する時期に入ってくるかもしれません。

a0パラメーターとは、シビルアタックを防ぐ目的で導入されており、1オペレーターが小誓約で複数プールを乱立しネットワークを攻撃するのを防ぐためにあります。1プール誓約を集中させることで、報酬を最大化させることができるため、委任者にアピールできる要素の一つです。

以下の内容は、IOHKのブログ記事を要約・翻訳したものです。 「The general perspective on staking in Cardano」https://iohk.io/en/blog/posts/2020/11/13/the-general-perspective-on-staking-in-cardano/ 


12月6日のkパラメータの調整を見越して、カルダノで使用されている報酬共有スキームの革新的な機能のいくつかに焦点を当てて、ステーキングについてより広い視点を示したいと思います。

報酬共有スキーム

メカニズムの動作の中心は、kとa0の2つのパラメーターです。kパラメータは、プールの報酬を利用可能な合計の1 / kに制限します。a0パラメーターは、単一のプールにより多くの株式を差し入れるという利点を生み出します。プールにX量の誓約を追加すると、その報酬が最大a0 * Xまで追加的に増加します。

委任者のためのガイダンス

プールを知る-プールで利用可能なデータと情報を調査します。オペレーターは活動についてどのような情報を提供していますか?オペレーターは費用について説明していますか?コストは、地理的な場所やその他の運用面に合理的に基づいていますか?オペレーターはadaの価格が変動するたびに定期的にコストを更新していますか?個人的な時間の費用は含まれていますか?高性能プールを維持するにはコミットメントと努力が必要であるため、コミットされたオペレーターは補償に値することを忘れないでください。

「プールスプリッター」に注意してください-小さな誓約で 複数のプールを実行するプールオペレーターは、委任者と小さなオペレーターを傷つけます。彼らは、誓約を1つのプールに集中させることで、より多くの報酬を提供できた可能性があるため、委任者の信頼を失います。

飽和レベルを下回る誓約で複数のプールを実行するプールオペレーターは避けてください。

プールオペレーター向けのガイダンス

プールの運用コストを可能な限り正確にします。プール運営に費やした個人的な努力(リーズナブルな料金で)を含めてください!

あなたのプールのウェブサイト明記し、プールのコストがどこに向かっているのかについて、将来の委任者を教育します。

プールの維持に投資する時間に対して課金することが重要であることを常に忘れないでください。短期的には、時間とエネルギーを「無料」で(またはホスティングコストの後で、実質的な損失で)投資する準備ができているかもしれませんが、これは中長期的なネットワークの持続可能なモデルではないことを忘れないでください。

プールを分割しないでください-kの今後の変更(12月6日のk = 500への移動から開始)により、プールオペレーターは、飽和状態になることなく委任者を保持するためにプールを分割するのをすでに見ています。

レバレッジを可能な限り1に近づけてください。あなたのレバレッジを増加させるプール分割は、委任者の報酬を傷つけ、さらに重要なことに、それはすべての人に有害であるカルダノエコシステムの分散化を傷つけます。

あなたがあなたの賭け金でプールを完全に飽和させることができない限り、プール分割に従事しないでください。

できる限り誓約する-できる限り誓約の量を増やし、それ以上はしないでください。

という内容のブログ記事でした。
個人的には、ここまでIOHKが複数プールに言及するのは初めてじゃないかなと思っております。

Kパラメータの変更されたことで複数プール運営に切り替えたプールも、この記事によって、パラダイムシフトが起こる可能性がございます。

カルダノステークプールの報酬スキームは査読付き論文で既に発表されておりIOHKはコミュニティと対話しながら遂行していくと思われます。

X StakePoolでは今度の動向を随時チェックしてまいります。