X-StakePool

Cardano ADA Staking Service - カルダノ ステーキングプール

BinanceBlockchainWeek2022 チャールズホスキンソン氏基調講演の翻訳

By
約11分
BinanceBlockchainWeek2022 チャールズホスキンソン氏基調講演の翻訳

2022年3月28日ドバイで開催されたBinanceBlockchainWeek2022に、IOG チャールズホスキンソン氏が登壇され基調講演を行いました。
以下は、機械翻訳した内容となります。

BinanceLiveで配信された基調講演の模様↓

みなさんから熱意が伝わってきます。ドバイへようこそ。乾燥した砂漠のドバイ。この場所が好きです。

昔はよくしゃべりました もう70カ国以上行きました。そして、2016年、17年、18年のころは会議を開いていて1年に200日は講演していました。でも、この2年間はCOVIDのせいで、旅行する機会がありませんでした。だから、また海外に行けるのは本当に嬉しいことです。そして、また世界を見ることができるのは本当に嬉しいです。最近の出来事で、私たちがこの業界でやっていることがなぜそんなに価値のあることなのかがよくわかりました。私たちはよく、「今週の名言」について話します。NFTやdefi、realfiなど、いろいろな言葉のサラダのような話もしますし、言葉は変わっても、たいてい同じことをやっているんです。

そして思うのは、私たちがすることに何の意味があるのか、ということです。なぜ私たちはこのようなことをするのだろう?ブロックチェーン技術の核心は、お互いを信用していない人たちの間で信頼関係を築くことなのです。私たちが業界として行っていることは、世界が少し違った形で協力し合えるようにすることです。昨夜、アブダビのバルバドス大使館の開館式に出席したのですが、彼らは、貿易問題や環境問題などの問題をどのように解決するかということをたくさん話していました。

アメリカ、中国、ロシアなどの大国の決定に影響を受けるバルバドスのような小国が、どうにかして対等な立場で、どうにかして正しい方法で物事を進めるにはどうしたらいいのでしょうか。ビットコインのファンであろうと、イーサリアムのファンであろうと、カルダノのファンであろうと、そんなことは関係なく、平等、公平、互恵という考え方が、私たちの技術の中核にある業界としてやっていることなのです。

一人一人が平等に扱われ、一人一人が我々の中で最も力のある人と同じようにシステムにアクセスすることができます。そして、それはしばしば忘れ去られることです。第3世代の暗号通貨がより強力になり、より普及し、より広まるのを見ると 技術の仕組みについて、不快で難しい哲学的な決定をし始めなければなりません。ビットコインの快適さ、同質性、プルーフ・オブ・ワークを超えて他のシステムに移行するとき、誰もがブロックチェーンのコピーを持っているとは限らないという考えを楽しませるようになります。

そうすると、どの時点で、もはや分散型ではなく、暗号通貨でもなく、信頼の仲裁者でもなくなり、一人ひとりが平等にアクセスできることが保証されるのか、という閾値を超えたのでしょうか。8年間この分野に携わってきて、私たちは基本的な事柄についてきちんとした定義を持っていないことに気づきました。

ここにいる何人の人が、本当に分散化とは何かを定義できるでしょうか。非中央集権とは何でしょうか?ビットコインでしょうか?イーサリアムでしょうか?Linuxは分散型なのか?それは何を意味するのか?私たちはパフォーマンスについて話しています。ここにいる何人の人が、高いパフォーマンスを持つとはどういうことなのか、本当に素晴らしい会話ができるでしょうか?1秒あたりのトランザクションとは何でしょうか?特に会計モデルやスクリプト言語が異なれば、そのニュアンスも変わってきます。

この2つは、まさに基本的なことです。スループットと分散化は、包括的説明責任という概念には触れません。お互いの仕事をチェックし合えるという考え方です。ビットコインは当初、誰かが取引を送ると、あなたとあなただけで、その取引を確認することができるというユートピアを構築していました。 二重使用されていないことを確認するために必要なのは、あなただけです。

トークンが存在することを確認する、こういったことです。13年経った今、スピードが上がり、実際にこの技術を使えるようにしようとしています。一部の人のためではなく、多くの人、数百万人、数十億人のために。つまり、毎日何十億ものトランザクションが発生することになるのです。難しい問題です。あなたの身元やプライバシーを把握する必要があります。

各国政府は暗号通貨を規制しています。私たちはエルサルバドルに滞在していました。ブシェリが国民国家の世界にビットコインを導入するのを見ました。様々な政府がビットコインや他の暗号通貨にポジションを取るのを見ました。そして、このようなものをどのように規制するのか、と言っているのです。どの時点で取引を取り消すことができるのか?そんなことはできないと思っていました。できるかもしれません。

どの時点で資金を凍結し、物事を匿名化できるのか。それは許されるのでしょうか?許される いや、多分 あなたの立場は?あなたの主義はどこにあるのですか?特に、世界を統治することの難しさについて語るとき、それは少し乳白色になります。私たちは理想主義でスタートしました。その昔、1970年代に「ホール・アース・カタログ」のようなものを書いていた人たちがいたように、私たちもすべてを再発明できると信じて始めたのですが、情報ネットワークが一度普及すれば、世界中のどこにでも瞬時に情報が流れるようになるという話でした。

そして、80年代、90年代がやってくる。そして、インターネットはすべての消費者にこれらの約束を届けたのです。そして、このインターネットをどのように管理するかという難しい決断をしなければならなくなったのです。消費者化と商業化をどのように両立させるか。Web2が登場し、Web2がもたらしたものは何だったのでしょうか。Facebook、Google、Amazon、これらのゴリアテ組織は、スパイ機関よりも私たちのことをよく知っているように見え、データの流れやウェブサービスへのアクセスに対して、ITUよりも大きな力をもっているのです。

世界秩序はそうだ。そして今 私たちは ブロックチェーンで 同じ問題が再浮上しているのを 目の当たりにしています。 ブロックチェーンは今後も続くでしょう。数兆円規模の産業で。この産業に興味があるから チケット代を払ってここにいるのでしょう。 メタバースのNFTSのために来たかもしれない。DEFIに来たかもしれない ザンジバルから来たかもしれない。人々にインターネットアクセスを提供しようとしています。

どこから来たか、なぜ来たかは関係なく、あなたはここにいる。そして問題は、Web2やWeb1とは異なり、リーダーがいないこと、標準的な会社がないこと、あなたのためにこれらの決定を下す陰謀団がないことです。もし私たちが本当に非中央集権的で、本当にオープンなエコシステムであるならば、私たちは集団で、どうにかして自分たちで解決しなければならないのです。

こういうのは憲法のようなものを書かないといけないですね。暗号通貨、ブロックチェーン技術の使用に関する権利章典を決めなければなりません。金儲けのためだけなら、この技術は重要ではなく、何の意味もなく、この技術を特別なものにしているものをすべて失うことになるのです。そして、それを追いかける試みも。なぜそうしないのか?難しいからです。

インテグリティは難しい。分散化が大変です コストがかかります。 プロトコルの複雑さが極端で多くのことがうまくいきません。コンセンサスを得なければならないのがもどかしいです。7人の部屋に座って、そのうち6人はあなたが好きではない、そして大多数が決定を下さなければならない。あなたは私に言います。それは楽しい夜なのか?本当に夕食の会話を楽しむつもりなのか?

それが数百万から数十億の規模での現実なのだ。これが暗号通貨のラベルに書かれていることなのです。10年近くこの分野に携わってきて、ビットコインが1ドルから64,000ドルを超えるまで進化し、成長するのを見てきました。わずか数人でピザ2枚か3枚を食べさせることもできなかったのが、モンゴルのラクダ飼いがビットコイン暗号通貨を持ち、各国がそれを受け入れるのを見てきました。

私たちは新しい時代を迎えています。現実には、プロトコルは何百万、何十億という人々のニーズに本当に応えられるだけの性能になってきています。私たちは、高性能なプルーフ・オブ・ステーク再帰的スナーク、レイヤー2プロトコルの美しいブリッジを手に入れました。この技術は、今後24カ月から36カ月で実用化されつつあります。これらのプロトコルの多くはオンになっており、すでにメインストリームにサービスを提供し始めています。

コインベースなどの大企業を見ると、数千万人の顧客をあと数年持っています。数十億とは言わないまでも、数億という話になるでしょう。90年代にインターネットが世界の注目を集めたように、私たちも世界の注目を集めるところに到達したわけです。

そして、業界として過去から学びたいのか、それとも再び同じことが起こるのを許したいのか、決断しなければならないのです。私たちの前には2つの道があります。1つは、誠実さを保ちながら、分散化を目指すというものです。この場合、今後5年から10年の紛争の勝者は、カストディアンを持ち、エスクローキーを持ち、高度に集中化され、いつでもリセット可能な高度に最適化されたコンセンサスアルゴリズムを持つことになるでしょう。

少数派が多数派を支配することになりますが、その決定権は私にありません。だからこそ、私はこの部屋に来るとよくこの話をするのです。これこそ、この業界の真のマジックであり、この業界を特別なものにしているものです。この業界の成長、価値、パワー、アプリケーション、これらはすべて、この部屋にいる人たちや、まさにこのような部屋から生まれたものなのです。

あなた方は開発者であり、決定者です。何をベースに、どのように構築するか、パートナーをどう選ぶか、何を大切にするか、が最終的にこの業界の性格を決めることになるのです。Moxie Marlinspikeは、少し前に、Web3の本質を示す素晴らしい記事を書いています。

シグナルプロトコルを作成。シグナルを使ったことのある人は多いと思いますが、彼は情報セキュリティにかなり長けているのです。そして彼は言いました、もしこのウェブ3が本当なら、私は何かしなければならない。それで、NFTを発行するのはどうだろう?MetaMaskをどう使うか?みんなが言っているこのインフラを使ってみるのはどうだろう?その記事の中で、彼は恐ろしいことに、2つの会社が、分散化されているはずのもので、何を見るか、どうやりとりするかをほとんど決めてしまっていることを発見しました。

それが分散化なのか?それが、私たちに教え込まれ、打ち込まれているWEB3の約束なのでしょうか?いいえ。でも、なぜそうするのでしょう?コスト競争力です。消費者化、ですね。顧客が欲しい、お金が欲しい。低料金を求めている。採用したい。これが、暗号通貨分野のひどいチームです。昔、インターネットの世界では、誰もが自分のサーバーを持っていました。

1980年代の小さなクラブでは、誰もが自分のインフラを運営するのが普通でした。誰かにメールを送りたかったら、本でその人を調べたものです。今でもそのような本を持っている人がいますが、彼らは消費者が自分たちでデータベースを運用することはないと分かっています。自分でサーバーを動かそうとはしないでしょう。カルダノのエコシステムで、どれだけの人がDaedalusに文句を言っているかわかりません。

遅すぎる、肥大化しすぎている、効率が悪すぎる。あなたはデータベースを動かし、サーバーを動かしているのです。あなたはネットワークの完全なノードなのです。単なる壁ではありません。でも、そういうのを全部取っ払って、ボタンだけにして、シンプルに、簡単にできないか、と言われるんです。しかし、この問題を解決すれば、ここにそのマジックがあります。

暗号通貨を見る空間だけでなく、世界全体を変えてしまうのです。この技術は価値を移動させるだけではありません。あなたの投票、あなたの声、あなたのアイデンティティ、あなたのプライバシー、あなたが飲む水、勝者と敗者、あなたが接する市場、あなたのクレジットスコアなど、大学からフィンテック業界、医療業界まで、私たちが依存するあらゆる機関が、何らかの形で、私たちが作るものに影響を受け、触れることになるのです。

今、あなたの人生で初めて、私たちが構築したもの、私たちが持っている原理が、10年、20年、30年後にここ暗号で機能すれば、社会全体に浸透していくことに発言権を持つことができます。私たちの協働力、統治力、これらの力を結集することが、最終的に世界の姿を決めることになるのです。

私としては、平和で、誠実で、労働の成果を守り、お互いに耳を傾け、協力し合えるような世界に住みたいと思います。しかし、それが可能かどうかを業界として考えなければなりませんし、ここで解決すれば、みんなのために解決することになるのです。ですから、8年前にTEDxで話したように、私は未来は分散型になると信じています。

 

X-StakePool LINEオープンチャット

LINEオープンチャットを開設しました!「X-StakePool ADAステーキングサポート」
#SundaeSwap ISOやステーキングについての内容もお気軽にお問い合わせください
参加する

About The Author

btbf
X-StakePool【XSP/XSP2】SPO ドバイ在住

Cardano SPO's Japan Guild運営
http://pooltool.io日本語翻訳担当
IOG Plutusパイオニアプログラム1期生修了
#AlonzoWhite テストネットメンバー

システムエンジニア約18年