X-StakePool

Cardano ADA Staking Service - カルダノ ステーキングプール

SUNDAEトークンの初期価格はいくらなのか?

By
約7分
SUNDAEトークンの初期価格はいくらなのか?

SundaeSwapテストネットが絶賛進行中の中、よくあるご質問の中で「サンデー・トークンの初期価格はいくらなのか」という内容を解説した公式ブログが公開されました。

SundaeSwap CIO PIさんによる動画解説

 

 

(~以下翻訳文~)

The Taste Test(試食会)

よくある質問のひとつに、「サンデー・トークンの初期価格はいくらなのか」というものがあります。私たちの答えは一貫して「初値は市場で決めてもらう」というものでしたが、今日はその方法について説明したいと思います。

まず、サンデー・トークンとは何かを改めて説明します。Sundae Tokenは、SundaeSwap DEXの健全な運営の中心となるユーティリティー・トークンです。私たちは、私たち全員が信じている分散型の理念に沿って、最も有用な分散型交換プロトコルを構築することに集中しています。その一環として、このプロトコルはソフトウェアを書いた会社である我々のものではないと強く思っています。しかし、私たちSundaeSwapコミュニティ全体にとってはそうではありません。その精神を具現化するために、このプロトコルでは、道しるべとなるDAO(Decentralized Autonomous Organization)を設立し、Sundaeトークンはその組織内での投票権を表しています。Sundaeトークンの保有者は、プロトコルの将来をオンチェーンで形成することができます。DAOが投票する内容には、機能アップグレードの提案、スクーパの選択、助成金の提案などがあります。

そのため、コミュニティの一メンバーでしかないSundaeSwap Labsがトークンを販売したり、価格を設定したりすることは適切ではないと考えています。

その代わりトークンの初期流通量は、自動価格決定メカニズムを使用してDAOによって直接販売されます。テイストテストの開始です。

 

最初のセクションでは、これが一般のエンドユーザーにとってどのようなものになるのか、基本的なレベルで説明します。その上で、私たちが考えるこの製品のメリットをご紹介します。付録では、興味のある方のために、仮想的な例の背後にある数学を説明します。

仕組みについて

プロトコルローンチ時には、コミュニティサプライトークンの7%が、DAOによって “Taste Test “と呼ばれるスマートコントラクトにロックされます。

テイストテスト開始後、10日間にわたってコミュニティのメンバーは、ISOリワードからADAまたはサンデーを同じコントラクトに預けることができるようになります。ADAとSundaeの比率は変動しますが、流動性プールとは異なり、スワップは起こらず、投入したトークンのみを引き出すことができます。

その10日間の終わりには、これらのトークンのすべてがADA/Sundaeの流動性プールを作るために使用され、トークンの初期価格が確立されます。ADAやSundaeを預けた人(DAO自身を含む)は、その後、プールのシェアを追跡する流動性提供者(liquidity provider)トークンを要求できるようになります。しかし、このLP(liquidity provider)トークンは、プール内の両方の資産の所有権を表しています。あたかも参加者全員が、預けた資産の半分をもう一方の資産に、まとめて同じ価格で交換したようなものです。

メリット

これにはいくつかのメリットがあると考えています。

第一に、これは私たちの分散型の信念と一致しています。初期流動性はDAO自体から得られ、コミュニティの皆さんが決めた通りに使えるようにDAOが所有することになります。初期流動性はDAO自体から得られ、DAOが所有し、コミュニティである皆さんが決定した通りに使用することができます。

第二に、正規のプロジェクトでもよく見られるのが「パンプ&ダンプ」と呼ばれるサイクルです。新しいトークンは最初に非常に低い価格で販売され、価格修正が勢いを増します。経験の浅いトレーダーはこれを見て、損をすることを恐れ、劇的に高い価格になるまでコインを買い続けます。私たちのモデルでは、不健全な価格発見の多くが安全な環境で行われ、その結果を皆で共有して市場を確立します。

最後に、このモデルは、他のプロジェクトでも活用できるでしょう。新規プロジェクトが資金調達に苦労するのは、資本へのアクセスが少ないためにトークンの価格が最初から低く設定されていたり、大手マーケットメーカーとの取引が不利になったりすることがよくあります。これにより、資本へのアクセスは少ないが、独自のコインを大量に供給しているプロジェクトは、効果的かつ容易に資金調達を行い、トークンの価格を公正に設定することができます。

結論

SundaeSwapのビジョンは、金融サービスへのアクセスだけでなく、中核となるビジネスモデル自体を分散化することです。今回の試食会(テイストテスト) は、その旅のエキサイティングな一歩であり、私たちがとても誇りに思っていることのひとつです。私たちと同じように興奮していただき、プロトコルが開始されたら、新しいフレーバーを試していただきたいと思います。

付録。技術的に興味のある方へ

実際にどのように機能するのか、例を挙げて説明します。

ある仮想的なプロジェクトが、新しいコイン「RBERRY」を発売しようとしているとします。彼らは供給量から1億トークンを価格発見に充て、テイストテストのスマートコントラクトにロックします。これにより、1億枚のttRBERRYコインが鋳造され、トークンの貢献度を追跡します。

そして、コミュニティはADAを預けて価格の設定を始めることができます。初期の段階では、非常に安い比率になっています。最初の人はADA1枚から預けることができ、誰も参加しなければ5,000万RBERRYトークンを受け取ることができます。この可能性を知った他の人たちは、この比率が自分にとって公正な結果をもたらすと信じる限り、入金を続けます。その代わりに、彼らはそれぞれ自分の預金を表すttADAを1対1の交換レートで発行されます。

ある時点で、その比率は、初期の参加者が良いと考える価格よりも高くなり、彼らはADAを引き出し、ADAと引き換えにttADAをバーンすることを選択するかもしれません。

最後に、テイストテストが終了し、最終的な比率は1億RBERRYと2,000万ADAとなりました。これらの資産は、SundaeSwapプロトコルに預けられ、RBERRY/ADAプールを構築し、約4470万の流動性トークンを生み出します。

1億RBERRはプールの資産の50%に相当するので、各ttRBERRは以下の条件で償還可能です

そして、それぞれのttadaは、以下のものと交換可能です。

例えば、600ADAを入金したユーザーは、約670LPトークンを受け取ることができます。これは、およそ1500個のRBERRYと300個のADAを所有していることになります。あたかも300ADAと1500SBERRYを交換したかのようです。

About The Author

btbf
X-StakePool【XSP/XSP2】SPO ドバイ在住

Cardano SPO's Japan Guild運営
http://pooltool.io日本語翻訳担当
IOG Plutusパイオニアプログラム1期生修了
#AlonzoWhite テストネットメンバー

システムエンジニア約18年