X-StakePool

Cardano ADA Staking Service - カルダノ ステーキングプール

SundaeSwap LabsがRuntime Verification社によるセキュリティ監査終了を発表!

By
約4分
SundaeSwap LabsがRuntime Verification社によるセキュリティ監査終了を発表!

SundaeSwap LabsがRuntime Verification社によるセキュリティ監査終了を発表しました。

Runtime Verification社とは、IOGとパートナーシップを締結しておりDapps開発におけるスマートコントラクト検証、コード設計、プロトコル検証、安全性検証を行う第三者機関となります。この監査をもって、SundaeSwapプロトコルやスマートコントラクト、コード設計など問題点が第3者機関によって洗い出され、問題点は全て修正されております。

今回は、SundaeSwap Labsから発表された記事の翻訳内容をご紹介いたします。

ランタイム・ベリフィケーション社、SundaeSwap社の契約書の監査を完了

SundaeSwap Labs, Inc.は、Runtime Verification (RV) によるSundaeSwapプロトコルのセキュリティ監査を終了したことをお知らせします。監査によって特定されたすべての問題は、監査人の検証プロセスを全てクリアしました。RV社は、監査要件を満たすために実施されたすべてのソリューションの検証を含む、調査結果の詳細を記した完全な報告書を発行する予定です。この発表は、彼らの完全な監査へのリンクが利用可能になり次第、更新されます。

RV監査では、SundaeSwapの契約書を検証ベースの手法で徹底的に調べ、特定のリスクベクトルを特定し、監査で特定された問題に対するSundaeSwap開発チームの修正を完全に分析しました。

SundaeSwap Labsの最高情報責任者であるPi Lanningham氏は、「ここにはゴム印はありませんでした」と述べています。 「RVの徹底的なプロセスにより、多くの問題が発見され、それを迅速に解決することができました。その結果、Cardano DeFi Communityのニーズに安全に応えることができるDEXが完成しました。Cardanoの基本理念はセキュリティとレジリエンスを包含しており、Cardano上に構築されたプロトコルがこの伝統を継承することが重要である。この監査を完了することで、SundaeSwapプロトコルのバージョン1について、それを達成することができました。

SundaeSwap LabとRV社の関係は、今回の監査完了で終了したわけではなく、SundaeSwap社が今後構築する予定のプロトコルのアップデートについても、RV社がレビューを行う予定です。Lanningham氏は、「今後、プロトコルの改善点を構築し、DAOに提示し、投票する際には、Runtime Verificationと関わり続ける予定です」と付け加えています。

“安全で堅牢な方法で進化することは、あらゆるDEXの長期的な成功のために重要です。”

RVで確認された問題は、単純なものから巧妙なものまで様々です。SundaeSwapプロトコルは、カルダノ上で最初に登場するプロトコルであると同時に、最も複雑なプロトコルでもあります。開発中に特定され修正された多くの問題に加えて、いくつかの問題が残ることは避けられませんでした。監査が重要だったのはこのためです。RV社による新鮮な視点と極めて徹底した手法により、流動性供給者に不利となる出金時の微妙な丸め誤差や、誰かが任意のSUNDAEトークンをミントできるような一連の動作など、残された問題点を特定することができたからです。

完全かつ詳細な監査報告書が入手可能になり次第、監査に関するRV社のブログ記事とともに、コミュニティで共有します。新年を迎え、プロトコルのメインネットロールアウトに向けて、さらなるニュースをお届けします。

 

 

About The Author

btbf
X-StakePool【XSP/XSP2】SPO ドバイ在住

Cardano SPO's Japan Guild運営
http://pooltool.io日本語翻訳担当
IOG Plutusパイオニアプログラム1期生修了
#AlonzoWhite テストネットメンバー

システムエンジニア約18年