X-StakePool

Cardano ADA Staking Service - カルダノ ステーキングプール

SundaeSwap ISOおよびRISOリワード請求まとめ

By
約6分
SundaeSwap ISOおよびRISOリワード請求まとめ

2022年12月12日にSundaeSwapのISO&RISOリワード請求プラットフォームが公開されました!現時点で判明しているSUNDAEトークン請求方法をまとめました。

SUNDAEトークン請求方法

SundaeSwapのISO&RISOリワード請求プラットフォーム

対応ウォレット

  • Eternl (ブラウザ拡張機能版)
    ※WEB・スマホアプリ版では請求できません
  • Nami (ブラウザ拡張機能版)
    Namiはブラウザ拡張版しか存在しませんので、偽物にご注意ください。

現時点で確実に請求処理できるウォレットは上記2種類となります。(他のDappsコネクタ対応ウォレットも表示されますが、請求時にエラーが発生します。このウォレット群が対応するかは未定です)
他のウォレットから上記ウォレットへの復元手順はこちらで説明しております。

請求期限の有無

当初、請求期限は1年間とのアナウンスがありましたが「DripDropz」における請求期限を意味しておりました。SundaeSwap公式のリワード請求プラットフォームが公開されたことにより、現時点での請求期限の設定はございません。もちろん、ISO・RISO両方のリワード請求が可能です。

DripDropzでの請求は終了

SundaeSwap公式のリワード請求プラットフォームが公開されたことにより、2重支払いを防ぐためDripDropzでの請求は終了しました

手数料と残高確認

リワード請求は実質トランザクション手数料のみで請求可能ですが、トランザクション構築時のUTXOに数ADAが必要となりますので、念のためウォレットには10ADA以上あることをご確認ください。このADAは消費されずにトークンと一緒に戻されます。

ウォレット復元手順

注意事項

EternlとNamiウォレットはそれぞれ仕様が異なります。以下の特徴をよくお読みになってご自身に合うウォレットをご選択ください。
Eternl Nami
特徴 多機能ウォレット 簡易ウォレット
タイプ マルチアドレス シングルアドレス
互換性 ダイダロス / ヨロイ / Flint / Gero / Typhon(マルチ) Flint / Typhon(シングル)
注意点 多機能がゆえ画面構成が複雑 ダイダロスやヨロイなどの
マルチアドレスウォレットを復元すると
残高が合わない(表示上)

Eternlウォレットへの復元手順

ISOおよびRISO参加時のウォレットがダイダロス・ヨロイウォレット・Typhon(マルチアドレスモード)をご利用の方は、Eternlウォレットへ復元をオススメします。(Namiへの復元でも問題ございませんが、表示上の残高が合わないため普段使いにはおすすめできません。)

1.ブラウザ拡張機能(Chrome)版のEternlをインストールする
「Chromeに」追加をクリック。(このとき、eternl.io認証マークがあることを確認する)
Eternl公式ウォレットリンク

2.ブラウザ右上のパズルアイコンをクリックし、Eternlウォレットのピンマークをクリックする

3.ウォレット復元モードを起動する。「Add Wallet」→「Restore Wallet」の順にクリックする

4.ISOおよびRISO参加時のウォレットリカバリフレーズの単語数を選択する。

5.リカバリフレーズを順番に入力する

6.「Wallet Name」に任意のウォレット名を入力。「EnterPassword」に任意の送金パスワードを入力する(Repeat Passwordにも同じものを入力する)

7.「Number Of Accounts」は1のまま「Save」をクリックする

8.コンセントマーク(Dappsコネクターアイコン)をクリックし緑にする

9.SundaeSwapリワード請求ページにアクセスし「Connect to a Wallet」をクリックする。

10.利用規約にチェックし、Eternlアイコンをクリックする

11.Eternlのポップアップウィンドウが開いたら「Connect To Site」をクリックし接続を許可する

12.リワードがあることを確認し「Claim Rewards」をクリックする

13.項目「6」で設定した送金パスワードを入力し、「Sign」をクリックする

14.緑枠のメッセージが表示されれば、請求に成功しました(赤枠が表示された場合はエラーとなりますので、個別にご連絡ください)

15.Eternlウォレットを表示し、「Transactions」タブからSundaeトークンを含んだトランザクションが表示されていることを確認する

16.「Account」→「Token List」でウォレットに入っているトークン(またはアセット)を確認できます。

17.Sundaeトークン請求ページに戻り、右上のアドレスをクリックし「Disconnect Wallet」でウォレット接続を解除する

Eternlウォレットでの復元・請求手順は以上です。

エラーが表示される場合

個別にご対応させて頂きますので、以下X-StakePool個別対応LINEまたはページ下部のお問い合わせフォームからご連絡ください。
友だち追加